工場案内

火焔

火焔加工では旋盤による加工と加工者の技術を活かした手加工の2部門に分かれて製作しております。
お客様にご満足頂けるよう『曲げる』・『封じる』・『継ぐ』などの工程ごとに独自技術をフルに反映させております。特に内外径の精度を重要視される製品(石英多重バーナー)には絶対の自信を持っております。

研削

研削加工では石英ブロック・石英管・石英棒等を様々な設備を用いて製作しております。
素材となる石英を『切る』・『研磨する』・『穴を開ける』などお客様のご要望の形状となるよう仕上げます。特に真直度が必要な製品(石英シャフト)については長尺でかつ高精度の仕上げが可能です。

検査

検査では火焔・研削から仕上がった製品を様々な計測機器を用いて測定しております。計測機器については信頼のおける機関で校正を行っております。一部特殊品につきましては自社で開発した計測機器を用いております。